HOME>アーカイブ>手元の車両を廃車にするなら引き取りに慣れた買取業者を探そう!

漁業系廃棄物の処分に困ったら車両や船舶の買取業者を探そう

漁業系生産活動によって生じる漁業系廃棄物は個人での処理が厳しいと言われています。そのため処分の方法として買取業者に売却する人が多いとされています。通常は漁業系廃棄物の処理には依頼者側が費用を負担することが多くなりますが、買取業者の選び方によっては依頼者側にメリットが生じる場合があるので、買取業者の選び方が重要となります。

漁業系廃棄物処理を自分で行なう場合と専門業者に引き取ってもらう場合との違い

自分で処理を行う場合

漁業系廃棄物の処理を自分で行う場合、買取業者に依頼する場合と比べて費用の負担を抑えることができます。しかし自分で処理を行うことが厳しい場合もあるので、処理内容によっては買取業者に依頼することも大切です。

専門業者に引き取ってもらう場合

漁業系廃棄物の処理を専門業者に引き取ってもらう場合、一般的に費用がかかるとされています。しかし買取業者の査定方法やサービス内容等による選び方によっては、個人で処理をするよりも費用の負担を抑えることができます。

手元の車両を廃車にするなら引き取りに慣れた買取業者を探そう!

ハンドル

お金をかけずに廃車処理をする方法

廃車を処理する際の法律として自動車リサイクル法があります。自動車リサイクル法は車に使われている有益な物質を無駄にせず、処理に出される有害な物質を適切に扱うという法律です。そのため廃車処理には環境破壊に繋がる従来の方法ではなく、新たな方法が取られるようになりました。しかし新たな廃車処理ではリサイクル費用を車の保持者が負うことが多くなります。そのため無料でできる新たな方法として廃車の譲渡や売却を利用する人が多いとされています。知人へ譲渡する場合、業者が間に入らないので費用が抑えることができます。売却の場合、オークションなどのネットでの売却や買取業者に売却する方法があります。

廃車引取の流れ

車の模型

買取審査の申込みを行う

電話またはインターネットを通して買取査定の申込みを行ないます。

廃車車両の買い取りに必要な書類の準備

査定金額に納得した場合、成約となり買取業者と引取日を決めます。引取日を決めたら期日までに自動車検査証、印鑑証明書などが用意します。またバイク売る場合は車検証や自賠責保険証、印鑑が必要となり、原付の場合は登録証も必要となります。

廃車車両の買取金額の支払い

引き取りの際に必要な書類が揃っている場合、その場で現金で買取金額を受け取れる買取業者が多いです。揃っていない場合、揃い次第後日振込となります。

車両の抹消手続き・完了の案内

手続き完了後、一時抹消登録証明書と使用済自動車引取証明書が郵送にて届きます。また手続きがすべて終わった際に完了の案内が届きます。